STEP400/800

概要

STEP400/800はEthernet経由で多軸制御が可能なステッピングモータドライバです。 現在のファームウェアは Open Sound Control プロトコルで通信するもので、Arduinoで書かれています。このドキュメントは主にこの通信内容についてまとめたものです。

ハードウェアは Arduino Zero と、公式の Ethernetライブラリ と互換性があります。

STEP400のステッピングモータドライバはSTMicroelectronicsの PowerSTEP01 、STEP800は同社の L6470 で、多くの機能はこれらのドライバICの機能を継承したものです。データシートに一度目を通しておくと、機能やコマンドが理解しやすいと思います。

ドキュメントについて

表記

STEP400/800の両者はほぼ同じコマンド体系を持っています。特別な注記がない場合は両方の機種に共通のコマンドです。また「本デバイス」と表記されている部分は、両方の基板にあてはまる事柄です。

チュートリアル

一番最初に試す際にまずはモータを動かすまでの流れを説明したものです。

接続と設定

実際にコマンドを送って動かす前に必要なハードウェアの接続や設定についてまとめています。

機能解説

各コマンドの背景にある本デバイスの基本的な機能について説明しています。

OSCコマンドリファレンス

各コマンドの解説です。

技術解説

ファームウェアのコンパイルについてやハードウェアの構成など、本デバイスをカスタマイズする際に必要になる情報をまとめています。


目次

Back to top