ネットワークとDIPスイッチの設定

DIPスイッチの設定

基板上のDIPスイッチを用いてIDを設定します。IDはOSCメッセージの返答に使われるほか、IPアドレスや送信ポート番号にも反映されます。 IDは2進数で設定します。DIPスイッチによる2進数での設定はこちらが参考になります。
ディップスイッチによるチャンネル設定

ネットワークの設定

初期設定

項目 初期値
IPアドレス 10.0.0.100+ID
MACアドレス 0x60, 0x95, 0xCE, 0x10, 0x02, 0x00+ID
返信先アドレス 10.0.0.10
OSC受信ポート 50000
OSC送信ポート 50100+ID

IPアドレスとOSC送信ポート

初期状態では、IPアドレスの最終バイトと、OSC送信ポートにIDが加算されるようになっています。 これによって、同じファームウェアと設定ファイルを用いて複数のSTEP400を制御できるようになります。OSC送信ポートについては、受信側でメッセージの送信元IPアドレスが取り出せる場合は、IDを加算せずに同一のポート番号へ送信するようにして構いません。

これらの機能は、microSDカードによる初期設定を行うことでオフにできます。

MACアドレス

STEP400には個別のMACアドレスを割り振っていますが、初期値は上記の通りになっています。このアドレスは弊社で確保しているMACアドレスのうち、テスト用に社内で割り振っているものです。

割り振られたMACアドレスを使用するには、下記の設定ツールを用いて設定ファイルを作成し、microSDカードから読み込ませてください。または、直接ファームウェアにアドレスを書き込んだうえでコンパイル&アップロードする方法もあります。

microSDカードによる初期設定

ネットワーク設定をはじめ、各種の初期値を設定ツールから書き出して、microSDカードに入れてSTEP400に読み込ませることが可能です。詳しくは microSDを用いた設定 を参照してください。

Back to top